自己紹介

初めまして。

cosmetic fashion 株式会社、代表取締役の木下と申します。

弊社はストーリーのあるオリジナルのヘアケア製品、ボディケア製品を販売している会社です。

(※ボディケアは現在、試作中です)

創業時から一貫して貫いている事は、他商品には無いアイデア、可愛らしいデザインやビジュアル、使い心地が良いこと、成分にこだわっていることなどです。

そして流行に流されるのではく、長く愛用して頂けるものを作ることです。


「お客様に寄り添い、お客様の声に耳を傾け、より良い製品に改善しつつも、芯はぶれない 」

そんな商品作りを心掛けております。


会社を設立し、 5in1 hair treatmentというヘアケア商品を作った理由を、私事で恐縮ですが、

少しお話させてください。

都内の私立高校を卒業後、美容師を志し高田馬場にある日本美容専門学校に進学しました。

家庭の事情で通信課に入学し、在学中は美容室でアシスタントとしてアルバイトをしながら、学業と両立し、卒業と同時期に美容師免許を取得しました。約3年ほどアシスタントをしていたのですが、とある事がきっかけで挫折してしまいました。


美容師アシスタントは鋏を持てないので、主な仕事はお客様の頭・肩・手のマッサージ(お店による)、シャンプー、床はき等の掃除全般・受付業務・他いろいろあります。特にシャンプーは1日平均10人前後、忙しい日は20人前後のお客様をシャンプーします。

同期のアシスタントで手荒れやアトピーを発症したり、長時間の立ち仕事やシャンプー時の前傾姿勢などが原因でヘルニアになって辞める人もいました。


当時は職業柄、多くのサロン専売品を使用してきました。

シャンプー/コンディショナー/トリートメント/ヘッドスパ/洗い流さないトリートメント/パーマ液/カラー剤/縮毛矯正剤 等々、いろんなメーカーのいろいろな商品を使用してきました。

アシスタントが立場的に一番よく手に触れる物は、やはりシャンプー/コンディショナー/トリートメント等です。サロン専売品に限らず、どのヘアケア商品にも「美容成分配合」「保湿成分配合」と

商品に記載されている事が多いように感じます。


当時、様々なヘアケア商品を使用して、ふと疑問に思ったのは・・・

「美容成分や保湿成分が配合されていて、髪や頭皮に優しいと謳うなら、毎日何度も使っても手荒れしないんじゃないの?」って思ったんです。。

私は肌質が強かったのか運良く手荒れには無縁でした。

しかし同期の中で何人かが手荒れに苦しむ姿を見て、当時の私は市場で販売されているヘアケア商品や、美容室のみにだけ流通しているサロン専売品の中身の成分に疑問を持ったのです。


一般の方は一日に何度も洗髪はしないので、美容師のように洗髪料で手荒れする事は無いのですが、美容師は一般の方より洗髪料に触れる機会が多いからこそ、気付けたのかもしれません。。


そんな事から商品のラベルに記載されている「全成分表示」を意識するようになり、「経皮毒」に関する本を何冊か熟読しました。「経皮毒」に関する本には今まで知らなかった多く事が書かれていました。誰もが知っている商品(シャンプー)を実験用マウスの皮膚に塗布し、時間をおくと皮膚が赤くかぶれてしまう写真を見た時の衝撃は今でも忘れられません。


今までの経験から「髪にも頭皮にも本当に優しいヘアケア商品を造りたい」と心から思い、

5in1 hair treatmentは生まれました。泡立たないクリームシャンプーがいろいろと販売されていますが、10もの無添加を実現しているのは、今のところ当商品くらいと自負しております。


自宅でもヘアサロンでも泡立たない洗髪料が一般的な物になる事を心から願っています。








feminatura

日本オーガニックコスメ協会(JOCA)推奨品基準の、ヘアケア製品とボディケア製品をプロデュースしています。